フライヤー印刷

フライヤーの印刷と告知手段

フライヤーを作るときに大事なことは印刷と告知手段です。

まず印刷ですが、フライヤーの印刷の値段は企業によって変わりますし、サービスの充実度なども変わるのでそれによって完成度が変わります。

なのでよりよい企業に頼むことが重要です。

告知手段の大事なところはまず見出しをインパクトのあるものにすることです。

いかに内容をよく書いても見出しのインパクトがなければ読んでもらえません。

インパクトを与える方法としてはキャッチコピーをつくるという方法があります。

次にレイアウトについてです。

レイアウトは読み手の視線の動きにあわせたものがいいです。

読み手の視線の動きの法則のひとつにZの法則というものがあります。

これは普通、人がものを読むときは左上から右上にかけて読みそのあと左下を読んでから右下を読むという視線の動きからそう言われています。

なので重要な情報は左上から右上にのところに書くのがいいです。

最後にレスポンスデバイスというものがあります。

これは問い合わせを行う場合の電話番号などの問い合わせ方法のことです。

フライヤーを見たあとにその見た人が何も反応を起こさずにフライヤーを捨てるのか、それとも見たあとにすぐ何か反応を起こすのかはレスポンスデバイスが深く関係しています。

なぜならこのレスポンスデバイスが十分でないとせっかく読み手が興味を示してもどうすればよいのかという具体的な方法がないと何をしていいのかわからなくなってしまうからです。

なのでレスポンスデバイスにも気をつけないといけません。

このようにフライヤーを作るときは様々なことに注意をして告知をしていかないといけません。

チラシとフライヤーの印刷物による相乗効果で集客力をアップする

現在の社会において至る所に広告が溢れています。その中で日常的に誰もが目にするのがチラシです。チラシは毎日新聞に折り込まれており、目にする機会... 続きはこちら