フライヤー印刷

フライヤーの印刷コストは以前より安い

フライヤーは紙媒体の広告チラシなどの総称で、かつてはその印刷コストは安いとはいえない状況でした。

個人がフライヤーを少量あるいは大量に必要としている場合、安価でそれを注文することは難しい状況でした。

しかし、最近は印刷業界に新しいタイプの企業が登場し、そのコストがかつてよりも非常に安くなっています。

その背景を解説します。

従来のフライヤーの個人からの注文は、それを請け負う印刷工場で一律的に料金や納期が決められていました。

工場では業務用のニーズ対応がメインで、個人からの注文は部数が少ない上に、様々なタイプの注文が入るため少量多品種となりやすく、忙しい割にそれほどの利益が出ないといった理由で、工場の中では優先度が低い顧客として扱われていたのです。

ところが、一部の企業が面白いポイントに着眼し、個人からのフライヤー注文に安価でかつ迅速に対応可能なスキームを発見しました。

それは、数多くの個々の工場のプリンターの稼働状況を逐次把握し、個人からの注文が入った時点で印刷コストと輸送費を合わせて最も安くできる工場を瞬時に検索できるようにしたのです。

紙媒体の出版物が多くなる時期と少ない時期には季節性があり、しかもどの工場も一様に忙しいわけではありません。

低価格フライヤーを仲介する企業は、そのプリンターの状況を常に把握しているので、個人のお客に対して、最も安くできる価格を提示できるのです。

しかも、注文を受ける窓口は、インターネットに限定しており、店舗運営や対応スタッフが必要ありません。これも低コスト化に寄与している要因です。

フライヤーの概要と印刷の違い、そしてその料金の紹介

フライヤー印刷のフライヤーとは、英語ではflyer、flierと書きます。いわゆるチラシの一種です。街の中で配りやすいA4程度までのサイズがフライヤーで... 続きはこちら