フライヤー印刷

チラシとフライヤーの印刷物による相乗効果で集客力をアップする

現在の社会において至る所に広告が溢れています。

その中で日常的に誰もが目にするのがチラシです。

チラシは毎日新聞に折り込まれており、目にする機会が非常に多いです。

チラシと同じような印刷物でフライヤーがあります。

フライヤーとチラシは何が違うのか?チラシは他のチラシと一緒になる事が多い為、他のチラシとの差別化を図ったデザイン、キャッチコピーが必要になります。

一方フライヤーは店頭に置いたり、店頭で配布したりして手に取ってもらう事が目的である為、小さなサイズ、持ちやすい厚手の用紙を使用する必要があります。

これら二つの印刷物にはそれぞれの役割と用途があります。

チラシは不特定多数の人への発信手段であり、特徴ある商品、インパクトのある価格を印刷して目を引きます。

そして、フライヤーではリピートを狙ったクーポンの印刷やお店を訪れた人だけが知る事ができるお得情報を印刷して特別感を演出します。

チラシをフライヤーを上手に使い分ける事によって集客力をアップする事ができます。